英語の定期テストでまだ文法とか覚えてるの?もっと英語が身につく方法を教えます

こんにちは。IRIS (@irisandblog) です。

いつも当ブログ「BREAK FREE」をご覧くださり、ありがとうございます。

今回は私が高校の時に、英語の定期試験に向けて実際にやっていた勉強法をご紹介します。

私はこれで何回も100点を取ることができましたし、実際にきちんとやれば、皆さんの点数もグンと上がる方法だと思います。

 

定期テストだけでなく、もちろんセンターにも大学の二次試験にも役立つ力がつくので、ぜひ読んでみてくださいね!

 

はじめに

皆さんの学校では、英語は①コミュニケーション英語と、②英語文法の二つのテストがありますか?

①コミュニケーションの方は、長めの文章が書いてある教科書の文から問題が出て、②文法の方は、また違う教科書からだいたい一文単位くらいで出る感じでしょうか?

 

私の高校はそういう形式で、私が家庭教師をさせていただいた方もみんなそうだったので、結構一般的なのかな?と思います。(違う時はごめんなさい。)

 

今回は、その設定でお伝えしますが、違うテスト形式の方でも応用できる方法なので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

コミュニケーション英語

授業では、一文ずつみんなで確認していって、出てきた順に単語や文法事項をまとめるという感じではないでしょうか?

そして、試験前に、そのまとめた単語や文法を覚えて、試験では穴埋めや並べ替えで出たりして、「あれ?なんだっけ?」とかなって点数がなかなか伸びないということはありませんでしょうか?

 

ここで言いたい。

 

定期テストで文法や単語は覚えるな!!!!

 

私は、高校時代、コミュニケーションの単語や文法は一切覚えていません

なのになんで100点が取れたか。

 

それは文をまるごと覚えたからです

 

え?でも長いし…んなわけ(笑)

そうです。長いです。よ~くわかります。

私も、一回の試験範囲が、4セクションある長めの文章をレッスン4つ分とかでしたので、何文字か数えたこともないくらい長いです。

 

でも私はそれをほぼ全部覚えて試験に臨んでいました。

といっても、机に向かってほぼ勉強していません

 

どうするかというと、

①CDを聴きまくる

②音読しまくる

の2点です。

 

私は高校や塾に約30分くらいかけてバスで通学していたので、試験のだいたい2週間前になると、行きと帰りに、ずっとその音声を録音したCDを聞いていました。

もちろん、教科書を見ながらですよ

 

CDは教科書に準拠したものを用意するといいです。

すると、最低1日1時間は、その音声を頭に流し続けることができるわけです。

試験勉強はだいたい試験の2週間前を目安に始めますので、(おすすめ)合計で、最低でも14時間は繰り返しで聞くことになります。

さらに、家に帰って、3日に1回くらいの頻度で教科書の範囲の音読を一周していました。

そうすることによって

IRIS
あれ、冒頭文くらいはすらすら自分でスピーチしているかのように英語がでてくる!

というくらいまで染み込ませることができたわけです。

 

試験では、文がそのまま出てくると思うのですが、覚えている音声を頭の中でツーっとあたかもCDのように再生して、穴埋めがあれば埋め、文章の並び替えの問題があれば、並び変えるだけです。

頭の中からCDが流れてくるので、実は並び替えでもなんでもないわけです。

言うなれば、ディクテーションですかね?

 

しかも頭の中にCDが入っている状態なので、何回でも聞けるっていう。

だから、えっと、この熟語の前置詞はofだっけ?inだっけ?とかこれは〇〇文法だから、並び順は~みたいな考え方をしなくても自然と答えが書けるのです。

どうでしょうか?とっても魅力的な方法に感じてきませんか?(笑)

 

注意点

この勉強を行うにあたって、いくつか注意点があります。

きちんと守らないと効果がないので必ず実践してください。

 

ハイスピードで聴くべし

私は音源の速度をけっこう早めに設定して聞いていました。

先ほどもあったように、テストでは、頭の中にあるCDを流していくので、その速さがゆっくりであれば、もちろん試験時間内に終わらないわけです。

ですので、最初に聞いたときは早すぎてこれやばくね?え、待ったやばいぞというくらいの速さに設定して聴きまくるのをオススメします。

 

私は、最初からハイスピードで聞いていて、

IRIS
音読ぜんっぜんついていけないんですけどwww

って思ってましたが、後半になると、

IRIS
アレ?これハイスピードかな?今日は普通の音源と間違って聞いちゃってるかな?

という感じになります。

嘘のようですが、本当なんです。

 

教科書を見ながら行うべし

単語や文法は覚えなくてもいいと言いましたが、発音が分かってもスペルが分からなければ全く意味がありません。テストで書かされるからね…。

そこで先述の通り、教科書を見ながらCDを聞き、常に目で文を追うことで視覚的にも頭に入ってきます。

 

私はケアレスミス女王と呼ばれていたくらい、(笑)こういう小さいところでいつも点数を落とすのですが、教科書をいやというほど見たおかげで、ミスもなく100点を取ることができましたよ!

 

音読すべし

聞いているだけでも効果はありますが、やはり音読しないと頭にしみこませることはできません。

私はバスの中でも、マスクをして軽く口をもごもごさせていました。(キモ)

IRIS
だって時間ないんだもん。

はい、もちろん家の方がのびのびできておすすめです(笑)

 

きちんとインプットすべし

いくら聞くだけでいいとはいえ、もちろんテスト範囲に見合った勉強時間は確保しなければなりません。

私は昔から、英語は音で覚える派だったためある程度慣れていたからこの勉強法ができたというのもあります。

 

自分がどれくらい覚えているかは逐一確認し、「もう少し音読必要かな?など、自分のペースに合わせて学習を進めることが必要です。

特に、今まで音読をあまりしていなかった方は、十分にインプットの時間を取ってから試験に臨むようにしましょう。

 

英語文法

英語文法の方は、出題傾向のばらつきがあるので、決まったやり方はありませんが、これも同様に、耳で覚えることが大事です。

文法は、単なる単語の並べ替えだと思っていませんか?

それを暗記するのではなく、例文を何度も音読して、文の流れをつかむことを心がけるようにすると、忘れがちな前置詞やingの活用を度忘れすることなく、すっとテストで書けるようになりますよ!

 

まとめ

これは、本当にオススメの勉強法です。

なぜなら、音でフレーズを覚えているのですから、定期テストにとどまらず、センター試験を説いていても、アレなんかこの文見たことあるなぁ。あ、なんか2年生くらいにやったあの話で、同じような文出てきたなみたいな感じで、本当に英語の基礎となりいわゆる英語頭にシフトすることができるからです。

 

簡単そうに聞こえますが最初にやると本当に大変なことに気づくと思います。大変です。(笑)

それでもやり続けることで、大学受験の時に、そして将来に絶対に役立っていきますので頑張ってください。

 

ご意見やご感想、お待ちしています。

 

IRIS




おすすめの韓国コスメサイト
STYLEKOREAN
(スタイルコリアン)

私がいつも利用しているおすすめのサイト。韓国コスメを買うならここ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

20歳の現役大学生/「自分の壁を破る」「丁寧な暮らし」が最近の目標。/日常のことや趣味、たまに勉強方法などゆるく楽しくブログを更新しています。/お仕事依頼・質問はお問い合わせかInstagramのDMへお願いします。