【センター9割】勝負の夏!最低限やることとは?

こんにちは。IRIS@irisandblog )です。

いつも当ブログ「BREAK FREE」をご覧くださり、ありがとうございます。

 

今回は、私がセンター9割を取るために、高3の夏にやったことをまとめます。

私はこれをやったことで、その後とても気持ちに余裕ができ、大学の現役合格につながったと考えています。

本当に、「過去の自分に感謝雨あられ!」になるので、ぜひ実践してみてください!

それでは早速見ていきましょう!

 

過去問10年分を完璧にする

私はまず最初に、センター試験の過去問を10年分解いて完璧にすることを最優先に勉強しました。

完璧にする」とは、わからないところをなくし、次に解いたときに必ず満点がとれる状態にしておくことです。

これは本当にやっておいた方がいいです。

なぜなら、センター試験の問題傾向もつかめるし、受験勉強のゴールを可視化できるからです。(センターを解くためには、ここまでのレベルに上げる必要があるんだと気づけるということ)

ですので、秋以降の勉強予定も立てやすくなります。

 

一通り解くだけでも、解かないよりはマシですが、やはりきちんと復習をすること大切です。

私は秋以降の学校の授業で、みんなが一斉に過去問を解く中、追加で練習問題を解くこともできましたし、

過去問何年分終わった〜?

まだ4年分なの~ペース上げた方がいいかな~?

っていう同級生の会話にも、

うへ。夏休みに10年分とっくに終わらしてやったぜww

と心の中で余裕が生まれます。(ゲスい!!)

でも、これが心の余裕であり、ひいては自分自身の力を思う存分発揮できることにつながります。

その後、さらにギアをアップ⤴して頑張れますしね!

センター範囲の内容を全部終わらせる

残念ながら、授業ではセンター試験の直前の冬までその範囲が終わらないというカリキュラムの学校もありますよね!

実は私の高校もそうだったんです。あれ~いちお~進学校なのに~(´;ω;`)

でも私は、センター試験直前に習った内容を、果たして本番で解けるのか、全然自信がなかったので、夏休みに全部自力で予習しました。

予習した教科は物理、化学、日本史です。

特に私の学校は日本史の進みが遅くて遅くて、センター試験にはけっこう近代が出るのに全く終わる気配がなかったので、本当に焦りました~(笑)(結局最後もパパッと間に合わせ、内容はすっからかんだったんですよ、やばいって…)

私は理系ですが、そのせいで日本史にはだいぶ時間を割きました…。

 

ちなみにセンター日本史のおすすめの勉強方法はこちらにまとめています。

理系でもセンター社会で100点取ろう!効率よく写真形式で記憶??

 

予習方法としては、教科にもよりますが、センター試験の過去問を解きながら教科書を読んだり、ノートにまとめたりするのがお勧めです。

中には、範囲を勉強するのが2番で、問題を解くのが1番って順番が逆じゃない?

と思う方もいらっしゃると思います。

普通ならば、「きちんと自分で学習➡問題を解いて確認」の方がいいのかもしれませんが、そんな時間は現役生にはないんですね。アーメン。

だって授業でも習ってないのに、自分で勉強しろなんて、どこが大切なポイントでそれをどのように覚えたらいいかも全くわからないじゃないですか!

だから、問題を解いて、出てきた順番に覚えていけばいいんです。

私もふ〜ん、ここ出しちゃう系ね〜なるへそってなればいいんです。

問題数を重ねれば、たくさん出るところ大事なところというのもわかります。

問題に出ているということは、そこを覚えなきゃ始まらないということなので。

夏こそ適度に休むべし

この「センター試験を10年分ほぼまるまる覚えた」という話を聞いても、どうか切羽詰まらないでください。

私も現役時代、細かいすきま勉強を全部合わせたら、一日平均で9、10時間くらいは勉強していましたが、少ないかもしれません。本当は受験生は1日10時間以上ってよく言われますもんね。(ムリムリムリ(笑))

「センターを完璧にしなければならない!」と聞くと、もうがっつり取り組む人がいるのですが、集中しすぎると、糸がプツンと切れて、もう勉強やりたくないよ~って感じになってしまうんですよね。

それよりは、昨日はちょっと頑張ったから今日は少し勉強時間を減らそうとか、今日は一時間早起きして頑張ったから、アイスゆっくり食べるぞ!とか。気を張り詰めすぎないことが大事だと思います。

例えば、1週間のうちの6日でそれぞれ勉強を10分増やすと、60分余裕が生まれることになりますよね。その時間で一話だけドラマをみよっかなとか。

そういう自分との向き合い方を工夫して、とにかく勉強を継続できる方法を考えるのが夏を乗り切る秘訣です。

私自身も過去問10年分を完璧にすること予習を全部終わらせること徹底して行いましたが、赤本も軽く一周解いたくらいで、たまに息抜きしつつ勉強するように心がけていました。

夏にそんなに追い込まなくても、いずれ否応なしにセンターと二次前には必ず緊張がどどどっと押し寄せてくるので、勉強時間などにとらわれすぎず気にしすぎず。

 

とりま最近の夏暑すぎない??

 

まとめ

受験生は夏が勝負!一日10時間以上!うんたらかんたら。とよく言われます。

夏が大事であることは間違いないですが、自分で自分を縛りつけるくらいなら、ストレスをためず、最低限のことでありながら、実は一番近道である、

①センター試験の過去問10年分を完璧にする

②センター試験の範囲を全部終わらせる

を守ることが大切です。

 

ぜひだまされたと思ってやってみてください。

私はこれで秋以降もストレスをためることなく、勉強を継続することができました。

合格をつかみ取れるのは、これを読んだ後に、すぐ行動に移せる人ですよ!応援しています!

 

https://irisand.net/study/goukaku-thought/




おすすめの韓国コスメサイト
STYLEKOREAN
(スタイルコリアン)

私がいつも利用しているおすすめのサイト。韓国コスメを買うならここ!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

20歳の現役大学生/「自分の壁を破る」「丁寧な暮らし」が最近の目標。/日常のことや趣味、たまに勉強方法などゆるく楽しくブログを更新しています。/お仕事依頼・質問はお問い合わせかInstagramのDMへお願いします。